忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

月給8万円でプロダクションに所属した私。
歌とダンスのレッスン代を面倒見てもらい、初仕事を待ちわびていました。

事務所から、すぐに連絡があり、仕事先を伝えられました。
聞けば「浦和のキャバレ-」そして、「立川のキャバレ-」「小岩のキャバレ-」・・・なんと、いっきに一ヶ月のスケジュ-ル全てをキャバレ-の仕事で押さえられてしまったのです。

「まぁいいか、そのうちTVやラジオの仕事ももらえるだろうし」
とりあえずはキャバレ-のステ-ジ。
約30分ショ-を二回するのが仕事です。
その月、28日間も仕事が入っていて、連日重い荷物を持って出かける日々。

鞄の中には、衣装2着と、靴二足、そして譜面が6曲分入っていて、夕方のラッシュ時には、さすがにきつかったです。
何しろ仕事先は全て場末のキャバレ-で、ちょうど仕事帰りの通勤ラッシュに遭遇してしまうのです。

「昨日までのように、赤坂や新宿のクラブでショ-やってた方が良かったんじゃないかな」と、思ってみたりしましたが、それもこれも売れて行く為の過程・・・と、ガマンしました。

キャバレ-のショ-は、ほとんどウケませんでした。
20歳の若者が、それも当時東京人には馴染みのない大阪弁でしゃべる・・・東京の酔っぱらい中年客には全く関心がなくて当然です。

「こんな場末のキャバレ-で、酔っぱらい相手なんかに、やってられるかい」
そう思った日もありましたが、
「どんな状況にしろ、自分に与えられているのは、こんな仕事しか今ないことは事実。甘えた考えは捨てて、しっかり頑張らないと」と、自分を励まし続けました。

初舞台の名古屋で、「ル-キ-新一」さんのキャバレ-のお仕事に同行し、しゃべくり漫才で大爆笑を取ったル-キ-さんの偉大さに、改めて頭も下がりました。

事務所から、TVやラジオのオ-ディション話があるかと期待していましたが、全くその様子もナシ。

キャバレ-の仕事を終えて、最終電車を待って、駅のホ-ムのベンチに座っていたら、何だか涙が出て来ました。
「俺・・・いったい何をしてるのやろうか・・・」と。
隣りのベンチで酔っぱらいが幸せそうに寝ていました。

キャバレ-まわり時代の逸話、まだまだ続きます。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター