忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129] [128]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

姫路の私の店の前の通りで、年に一度大賑わいになるお祭りがありました。
毎年6月下旬の3日間に行われる「ゆかた祭り」です。

浴衣姿の人が、道いっぱいにあふれる夜のお祭りで、姫路では最大規模のお祭り。
勿論、店を始めて一年目の年、私は祭りの人出での売り上げを見込んでいました。

祭りの一週間ほど前の昼間のことでした。
店の表に出ると、向こうの方から、テキヤの親分達が約50人程、ゾロゾロ歩いて来るのです。
「何だろうな」と、様子を見ていると、
「○○商店さん!」「××商会さん!」と、祭りの日のテキヤの区割りをしていたのです。

一行が私の店の前にやって来ました。
幹事さんのような方が、店内に。
「例年通り、お店の前に出店を出させてほしいのですが」と。

私は断りました。
「すみませんが、ウチも商売する予定なんです」
「少しだけでも無理ですか?」
「そしたら、半分だけならいいでしょう」

そんな訳で、店の表の半分はテキヤの方にお貸しして、私はワゴンセ-ルをすることに。
メ-カ-から委託販売の約束で、大量に「ブラウス」と「Tシャツ」を仕入れて、「オ-ル千円」のワゴンセ-ルを。

祭りの前日、テキヤの皆さんの搬入が始まりました。
トラックに屋台を積んで来て設置する訳ですが、その賑やかなこと。
「ご存じ!鉄板焼きのサンちゃん」等と大きく書かれたトラックが続々とやって来るのです。
私は、何だかワクワクしました。
そして、「ようし!テキヤの皆さんよりも売るぞ!」と、気合いを。

ここでも、私は作戦を。
夜のお祭りで、道路は暗い状態です。
私はワゴンに、とびっきり明るいスポットをつけることにしました。
そして、ワゴンの下には、デカいアンプを仕込んで、音楽をガンガンかけることにしたのです。

「祭りに来る奴らは、虫みたいなもの。明るくで賑やかな方に人は集まる筈」と。

祭りが始まりました。
私の計算は、スバリ当たりました。
周囲の出店より明るい上、私の店のワゴンからは賑やかな音楽が聞こえて来る。
そして、ワゴンに群がった人達は、「焼きそばが500円に比べたら、ブラウス千円買った方が得やで」と。

飛ぶように売れて行きました。
バイトの子には、「お客さんがとぎれたら、向こうに回って、服をたたむように」と、指導してありました。

つまり、通りがかりの人は、店員が服をたたんでいるのではなく、客が服を選んでいるように見えるからです。
「男はつらいよ」で、よく「サクラ」のシ-ンがありますが、それと同じこと。

また次から次ほと売れ続け、一日で百万近い売り上げだったのを記憶しています。
でも、テキヤのお兄さん達は、みんないい人ばかりでした。
わずか3日間でしたが、周囲の出店の人達と私はすっかり仲良しになり、「次は、どこのお祭り?」等と会話を。
祭りが終わると、余ったカステラやら、金魚を沢山私の店に持って来てくれたテキヤの人達。
お祭りが終わって、いつもの日常に戻った時、テキヤの人達のことを思い出したりしてしまいました。

芸人を辞め、すっかり商売人になりきった私・・・。
でも、ある迷いが私を襲い始めてしたのです。

PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター