忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

店を始めてから3年の歳月が流れました。

おかげさまで売り上げは3年間、順調に伸び続けていました。
しかし、3年経ってからの売り上げは横ばい状態に。
周囲に同タイプの店が何軒も新規オ-プンしたのが原因なのか、姫路という小さな町での限界だったのでしょうか。

店で接客しながら、ふと思いました。
「そのスカ-ト、よく似たデザインのがありますけど、こちら一度はいてみますか?」等と若い客に接客している自分・・・。
「果たして何歳まで、こんなことを続けられるのだろうか」と。

このまま40歳を迎えてしまったら・・・。
まだ27歳の私でしたが、将来のことを考えると不安に。

10坪の店は勿論家賃を払っているので、自分の土地ではありません。
私はチェ-ン店展開を考えました。
アパレル業界のテナント出店情報をいろいろ取り寄せては研究を。
神戸の三宮から始まり、京都のテナントビルも視察。
あげくの果ては、姫路のデパ-トが所有している駅前の100坪のスペ-スに、一挙に10店舗を出して「ファッションスペ-ス」を作るプランまで立てました。

商売の先輩に相談をしてみました。
高校のバドミントン部の先輩で、稼業の食堂を継いでおられて、何かと商売のことをアドバイスしていただいていた方です。

私が、チェ-ン店計画や、ファッションスペ-スの話をすると、
「芳樹、オマエそんなことして失敗したら、家族揃って首くくらなアカンようになるぞ」と。
最初の店は、亡くなった父が残してくれたお金で何とか出店できたので、私は無借金。
でも、今度は多額の借金を抱えての「賭け」となります。

「芳樹、商売はバクチやないで。確かにオマエの商売のアイデアは面白いと思う。けどな、商売・・・つまり店を構えるということは『町の時計』やないとアカンのや。毎日同じ時間に店を開けて、同じサ-ビスをして、同じ時間に閉める。これが商売の基本や。商売は地道に辛抱強く続けること。無茶したらアカン」

この言葉は私の骨身にこたえました。
今思えば、その時よくぞ先輩がそんなアドバイスをしてくれたと感謝しています。
この言葉がなければ強行に商売を広げて、おそらく借金に追われる運命になったことでしょう。
私はこの時、すでに結婚していて二人の子供までいたのです。
「家族を犠牲にする訳には行かない」

結局また私は10坪の店で女子高生なんか相手に、
「そのスカ-トはいてみる?」という地味な日々を。

「そうか・・・リスクのない商売を考えればええんや」
私は、何かリスクのない商売はないかと考え続けました。
そして、ある商売を思いつきました。
絶対に損をしない商売です。

PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター