忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[136] [135] [134] [133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋にオ-プンした私の店は、年末に初めてのバ-ゲンセ-ルの時期を迎えることになりました。

ここで商売人一年生の私としては、「また一工夫を」と、考えました。
今では当たり前となっている「顧客対象のバ-ゲン」(通常のバ-ゲンの前の顧客優先バ-ゲン)ですが、その頃、姫路辺りでやっている店は、まだありませんでした。

まず私は「顧客優先バ-ゲン」の日を設定することにしました。
それは、バ-ゲンの前日に、店のシャッタ-を半分閉めて、一見の客が入ることのできない状況を作って、顧客だけのバ-ゲンセ-ル。

顧客には、あらかじめ聞いていた住所にDMを送り、その顧客限定セ-ルに招待した訳ですが・・・。

ここで私は考えました。
「バ-ゲンはお祭り。賑やかである程、パニックになって購買欲はそそられる筈」と。
自分だけ優先に来たと思いきや、いざ店に来てみると満員の客がいるので、商品を取り合う。そんなパニック劇を演出しなければならないと。

そこで、私の出したDMの内容が、こうでした。
「当日は混雑が予想されますので、あえて時間設定をさせていただきます。あなたの来店時間は、午後3時~5時までです」

実はDMの内容は全て同じ。
つまり、混雑をさける為に時間設定したのではなく、私はあえて混雑を招くようにと、全てのお客さんに同時間設定をしたのです。
全ての顧客を2時間に限定して、店が満杯の状況を作ろうと。

そして、顧客限定のバ-ゲン当日。
シャッタ-を半分閉めた店内に、どんどんお客さんが入って来るではありませんか。
10坪の店は、人が身動きできない程のパニック状態に。
客は、奪い合うように、バ-ゲン商品を手に取っていました。

しかし、ここで私はまた裏の作戦を。
実は客の女性が、一層興奮状態になるようにと、店内の暖房をいつもより高めていたのです。

冬なのに、汗をかく程の店内で、顧客の女性達は、争うように商品をあさっていました。

更に・・・更にです。
従業員の女の子には、「わざと、ゆっくりとレジをしろ」と、言っていました。
レジ前には、当然列ができました。
そして、レジ前には安いアクセサリ-を置いていて「待っている間、ついでに買って帰ろうかな」と思わせるような演出もしていたのです。

結果的に、そのバ-ゲンは大成功でした。
「商売って、単にモノを売ることではなく、人間の心理を掴む作戦なのだ」、まだ23歳の若者は得意げになっていたのです。

「芸人として頂点に立てなかったけど、俺は商売人の頂点に立ってやるぞ!」と、私は意気盛んでした。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター