忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[134] [133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

広告代理店で商店街の企画担当となり、様々な業種のお店を見ているうちに、「これならできそうだ」という商売がありました。

若者対象の婦人服店です。
姫路には意外と若者対象の婦人服店(その頃は「ブティック」と呼んでいましたが)が少なく、どこも繁盛していました。

といっても私はズブの素人です。早速、業界誌を取り寄せて研究を。
姫路のお店全てをチェックしました。
「商品構成」から「取引先のブランド名」「店の接客態度」等々。

姫路のみならず、神戸、大阪、東京も何日もかけて調査したのです。
全国の婦人服店のオ-ナ-を対象とした「研修会」にも参加。

その結果、資金的に無理なことが二点あることがわかりました。
まずは、駅前の一等地に出店は無理。(当たり前ですが)
そして、有名ブランドを扱うと、ほぼフランチャイズにされてしまうので、「これは儲からない」と、判断。
(フランチャイズの場合、内装にもメ-カ-の指定があるので、随分お金を取られるのです)

「商売は工夫一つだ!」と、勝手に決めて、東京や大阪の店の真似をしようと、またまた調査を。
当時、原宿には「裏通りブティック」というのが大流行りでした。
「どうらく屋」に始まり、「うしろの正面」「たけのこ」等々。
どの店も賑やかな表通りから一歩入った裏通りにあるのですが、どこも常に客が満員状態。
よくよく見ると、表通りにユニ-クな看板を出していて、その看板を見た客が流れて来ているのです。

「これなら姫路でもできそうだ」
私は、駅前の大通りから一歩入った場所で空き物件を探しました。

見つけました。
新しいビルの一階で10坪の広さ。
家賃も安いです。

内装も、裏通りブティックを真似て、金のかからない内装に。
取引メ-カ-に関しては、何日もかけて、東京と大阪を回り交渉を。

仕入れは現金ではなく、後払いになるメ-カ-が多いので、商品が現金で売れた頃に支払い日が来る計算になります。

こうして何とかオ-プンの日を迎えることになりました。
「ここでも何か工夫がいるぞ」と、私が考えた作戦がありました。
それは・・・。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター