忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

当時のス-パ-アイドル「天地真理」さんの司会をさせていただいたことがありました。

一週間に渡る「北海道ツア-」で、札幌を始め、函館、旭川と巡ります。
キャバレ-の仕事はたった一人の移動で、寂しかったですが、歌手のツア-は楽しかったです。
スタ-の「天地真理」さんは、タクシ-移動ですが、私はバンドのメンバ-や、前歌の人達とワイワイと移動。
車内では、禁句の業界裏話で盛り上がります。

さて、そのツア-で「苫小牧市民会館」でのことです。
司会の私は「真理ちゃん」が、3曲ほど歌った後、客席後方の扉から登場するという演出になっていました。
客席後方から登場して、通路を舞台の方に向かいながら、「どこから来たの?」とか、お客さんに絡みながらステ-ジへという予定。

ところがです。後方の扉から出て、
「今日は!」と、叫んだのですが、その周辺には誰もいません。
よくよく見ると1500人程入る会場に、前列5列ほどしか客が入ってなかったのです。
(客の入りをろくにチェックしなかった私が悪いのですが)

「みんな元気かな・・・あれ?」
と、慌てた私は、二階席を見上げて、
「二階のみんな・・・あれぇ?」
勿論二階席には誰もいません。
「何でこんな状況やのに、後ろの扉から出て来るのや!」
とか、一人でボヤいて間をつなぎながら、やっと前列の客との絡みを。

その頃、「真理ちゃん」は、すでに人気は下降気味でした。
「ス-パ-アイドルが、こんなガラガラの状況で歌うのは辛いやろなぁ」とも思っていたのですが、本人は満員の客の中で歌っているかのように、ノリノリ。
「♪虹を・・・ランランラン・・・」と、笑顔で歌っているではありませんか。

お笑いの場合、客の入りが悪いと、その状況をいじりながら笑いにしようとします。
しかし、ス-パ-アイドルは違うのです。
どんな状況であっても全力投球。

ス-パ-アイドル「天地真理」さんの凄さに、私は頭が下がりました。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター