忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

三枝さんのコピ-から脱却する為、私が選んだ道は「何ちゅう司会者や」と、呼ばれるような司会ぶりです。

つまり、司会がいくら上手であっても、余興の仕事は増えたとしても、決してTVでは売れないということ。
売れる為の戦略として、「司会者がやってはならないタブ-」を私はあえてやるようにしました。
「変な司会者がいる・・」そう噂されるような司会者を目指したのです。

まずはメインの歌手が着替えの間、つなぐ漫談。
それまでは、たわいもない漫談をしていましたが、逆に歌手が嫌がる漫談をするようにしたのです。

普通の司会者は、着替えの間、メイン歌手の裏話として、食事の好みや、趣味などをして、来ているファンを盛り上げます。
でも私がやったネタとは・・・

「ホントにこんなことを喋っていいものかと思いますが、ここだけの話として聞いてください。実は、スタ-とか呼ばれている歌手の方でも人間です。皆さんと同じように、思わぬ時『プッ!』と、オナラしてしまうことがあるのです。
それも楽屋でならいざ知らず、舞台で歌っている時に『プッ!』と、屁をする時があるんですよ。
そんな時、客席から見ていると、たいがいわかります。歌手の方の動きをよ~く見ていれば。
歌手の方が歌っている時、急に動き出す時がありますよね。センタ-で歌っていたと思ったら、急に舞台の端に動き出したりする時・・・。
だいたいあの時は『ああ、屁をしたな』と、思って間違いないです。
歌ってる最中に屁が出てしまい、『うわっ!臭い屁してもた。こんなとこにいてられへん。あっちへ行っとこ』とね。
それからオ-ケストラの指揮者の方の動きを見ていてもわかります。
それまで、客席に背を向けて指揮棒を振っていたのに、急に歌手の方を向いて指揮棒を振り始めた時。
『臭いなぁ。何すんねん!』と、指揮棒を振っているフリをして、空気をはらってるんですわ」

こんな話を着替えの間にされては、次に登場してまともに歌うことはできません。
案の定、私の司会の仕事は減って行きましたが、ラジオの公開番組の司会や、ロックコンサ-トの司会が転がり込むようになりました。


PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター