忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日から一泊二日で、9月の京橋花月「よる芝居」の下見旅行に行って来ました。

同行者は、「メグマリコ」を始め、「こっこ」「杉岡みどり」「徳富」等の出演者と、私の事務所の若手作家メンバ-。

9月の「よる芝居」は、忍者モノをやる予定で、伊賀に行って来ました。
まずは、「忍者屋敷」等ベタな場所からスタ-ト。
忍者屋敷のカラクリは、以前から知ってたモノでしたが、改めて確認を。
そして、真剣を使った「忍者ショ-」は、子供だましとバカにしていたのですが、なかなかのモノでした。

私は、昔から脚本を書く前に、舞台にする場所に行き「シナリオハンティング」を必ずやっていました。
横浜の探偵モノを書く前には、横浜の裏通りを一人で歩いてみたり。
千葉のソ-プ嬢の話を書く時は、一人ソ-プ街を何度もブラブラしてみたりと。

その土地にいざ立ってみると、脚本のイメ-ジや、登場人物が明確になって来るのです。

ただ今回に関しては、みんなでワイワイとした慰安旅行でもありました。
宿泊は、「青山リゾ-ト」で、みんなでバ-ベキュ-をしたり、テニスをしたり・・・。
このブログにも写真を載せるつもりでしたが、ただの慰安旅行写真なので、やめることにしました。

9月の「よる芝居」は、5日間の予定です。
もう暫くすると日程が決まりますので、また報告します。

「あなたは愛する人の為なら死ぬことができますか?」
一応、今の段階での9月の芝居のキャッチコピ-です。
「くのいち」という女忍者の悲しくも切ない「愛と死」をテ-マにした物語を考えております。
でも、基本的には「楽しい喜劇」に仕上げるつもりです。

芝居を観た日は「ああ、楽しかった」
でも、数日後には「ジワ~」と、芝居の奥に流れていたモノが伝わって来る・・・そんなお芝居を作れたらなぁと思っています。

また、公演が近付いたら、詳しい情報をブログでお伝えします。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター