忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

当時、銀座に「メイツ」という店がありました。
渡辺プロが経営していて、連日渡辺プロ所属の歌手がショ-をやっているライブハウスのような店で、客席はゆったりと見られるクラブ感覚。

生バンドが入っていて、前座にはデビュ-早々の新人歌手や、デビュ-前の子が歌っていました。
太田裕美さんも、ここで長い間ピアノの弾き語りをしたりしていたものです。

その「メイツ」に、私は週に2日程、レギュラ-司会者としてスケジュ-ルを切ってもらっていました。

渡辺プロの店ですから、業界人がいろいろと来店するのは当たり前でしたが、「いかりや長介」さんが、それも一人で来られているのを発見しました。
誰かと待ち合わせかなぁ・・・と思いきや、少し観られただけで、すぐ出て行かれました。

そして、また次の週にもブラリと来られては、暫くして帰られたのです。
「時間潰しにしても変だなぁ」と、私は思っていたのですが、それから一ヶ月程経ってから、ことの真相がわかりました。

ドリフタ-ズのマネ-ジャ-が、私にこんなことを話してくれたのです。
「ドリフの新メンバ-、志村に決まったけど、実は団ちゃん、あんたも候補に上がっていたんだよ」と。
それを聞かされて正直ビックリしましたが、つまりこういうことだったようです。

「志村」さんがメンバ-入りすることはほぼ確定だったのですが、志村さんは元々はドリフタ-ズのバンドボ-イ。お弟子さんです。
いくら才能はあっても、元師匠達と対等にやって行くことを、おそらく「いかりや」さんは躊躇されたのでしょう。

それに、欠員ができたのは「荒井注」さんが辞められたから。
「荒井」さんは、メンバ-の中では、スカシの役割をされていました。
だから、アクセントとして「関西弁の男を入れてみても」という発想があってもおかしくない話です。

結局、私は何も知らないまま、メンバ-入りの話は簡単に没になったらしいのですが、私は思いました。

「ドリフの厳しい練習に耐えることはできない」と。
当時「全員集合」のコント練習に何日も費やしている話を聞いていましたから。
練習とか、努力がホントに苦手な芸人だったのです。

でも、そんな私が司会の喋りの基本をやる気になる日が来たのです。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター