忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キャンディ-ズの次の曲目を紹介しようと思ったら、頭は真っ白。何も出て来ません。
というか、進行台本も斜め読みをして、打ち合わせも適当にやりすぎたバツです。

困りました。「いったいどうしたらいいのか」と。
その時、あることがひらめいたのです。
バックで演奏しているバンドメンバ-のことです。

その頃のショ-には、一応フルオ-ケストラがついていました。
バンドの人達には、譜面がある。
その譜面に曲目が書いてあることに気付いたのです。

ステ-ジのセンタ-に立っていた私は、
「さて、続いてのキャンディ-ズの曲ですが・・・」と、ジワリジワリと後ずさりを。

そして、バンドの位置までバックをして、その譜面をチラリと見ようとした時でした。
バンドのメンバ-は、譜面を手で隠してしまったのです。

つまり、私が次の曲目を忘れて譜面を覗きに来たことがバレていて、イタズラで譜面を手で隠してしまったのです。
顔は笑っていました。

もはやこの時点では、客の何人かは気付いていたかも知れません。
私は、開き直りました。
「見せて!」と、叫んで、譜面を隠すその手を無理やり外しにかかったのです。
もう客にはバレバレの状態。
前列の客からは「曲目忘れたんだろ」と言われる始末。

結局バンドのメンバ-と、もみあったあげく、次の曲目がやっとわかり、
「では聞いていただきましょう!」と、私は平然と曲目を紹介して、舞台の袖に。
キャンディ-ズも笑っていました。
スタッフから叱られると思いきや、みんな笑って許してくれました。

そんな楽しかったキャンディ-ズショ-。
「早く売れてほしいなぁ」と、いつも思っていました。
でも、なかなかヒット曲の兆しはナシ。

そして、私が芸能界をやめたとたん、あの「年下の男の子」で、キャンディ-ズは大ブレイクし、スタ-街道を進み始めたのです。

芸能界をやめて、田舎の姫路のTVでブレイクしたキャンディ-ズの姿を見て、「良かったなぁ、ス-ちゃん、ランちゃん、ミキちゃん」と、ウルルンとなったことを記憶しております。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター