忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

吉本の東京支社長から電話があり、「ひょうきん族」のプロデュ-サ-「横澤」さんが私に逢いたがっているとのこと。

「ようし!チャンス到来」とばかりに勇んでフジテレビへ。
横澤Pと佐藤Dが、私に「お願いがあります」と、パ-ラ-へ。
私は、てっきり「スタッフに加わっていただけませんか」というお話かと思い込んでいました。
ところが・・・。

「実はB&Bの変遷をやろうという企画がありましてね、初代、二代目、三代目のB&Bの漫才を再現しようと考えているのです。ご出演いただけますか?」と。

私を作家としてではなく、元芸人として逢いたかっただけのことでした。
「申し訳ありませんが、もう漫才はできません。お断りします」と、きっぱり断らせていただきました。

「そうですか・・・初代B&Bを再現できないのなら、仕方ないです。この企画はオクラ入りですね」と、横澤さん。
「あのぉ、それよりも僕、作家の仕事を始めようとしているんです。よければ使っていただけないでしょうか」と、売り込みを。

全く私はあつかましい奴です。相手さんの依頼を、あっさり断っておきながら、自分の都合優先なのですから。
「まぁまぁ、あせらずに。そちらはゆっくりと考えておきますから」と。

せっかくのチャンスと思っていたのに、ガッカリでした。
日活映画の方は、その頃クランクインを迎えようとしていました。
しかし、映画の脚本ではなかなか生活していけません。
何しろ、一本の脚本を完成させて、クランクインするまで何ヶ月もかかる上、いただける脚本料はわずかでしたから。

映画の脚本業と、TVの仕事との二足のわらじでやって行こうと、勝手に決めていたのですが、やはり世の中、そう甘くはないと思いました。

でも、それから数ヶ月後、フジテレビの佐藤Dから電話があり、またまたフジテレビへと。
「あなたのこと、ずっと気になっていたんだけど、僕の番組のブレ-ンになってくれませんか?」と。
聞けば「クルミミルクを育てた」という噂が流れていたようです。

「ブレ-ン?」
要するに構成作家の下で、お手伝いをする仕事ですが、私には理解できませんでした。

結局、「笑ってる場合ですよ」といって、今の「笑っていいとも」の前の番組の一曜日のブレ-ンに。

本番の日、アルタスタジオに行く訳ですが、私は何をしていいのやら全くわかりません。
でも、すぐにコントを書かせていただくようになりました。

が、メインの構成作家の方がコント台本をキチンと書かれています。
「私のコント台本の方が面白かった使う」という約束でしたが、なかなかそんなチャンスもなし。
悶々としながら、採用されないコント台本を書き続けていました。

そして、やっとむくわれる日がやって来たのです。


PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター