忍者ブログ
萩原芳樹のブログ
[127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の両親は、実に教育熱心でした。
順調に進学、就職をしてエリ-トサラリ-マンになってほしいと願っていたと思います。

しかし、中学3年から、私は漫才に魅了されてアウトロ-の道を。
高校を卒業して、MBSでご厄介になっている時も、父は「学費を出してやるから大学に通いながら、やりなさい」と。

そんな父でしたから、私は「B&B」を結成したことを報告していませんでした。
「いつか漫才やってることがバレるかな」と、思っていたのですが、すぐにバレてしまいました。
近所の人が、わざわざ家に来て「芳樹ちゃん、最近ようテレビに出てますね」と、報告に来てしまったのです。

「ええっ?息子なら大学に通ってますよ。漫才でテレビなんて」
「何を言うてはりますのん。しょっちゅう漫才でテレビに出てはりますやん」と。

そんな訳で、ずっと芸能生活には大反対が続いていたのです。
「ニッポン放送」のレギュラ-が決まって、姫路に帰郷しました。

父は「頼むから、芸能界を辞めてくれ!この通りや!」と、何と私の前で土下座をしたのです。

「嫌や」
私の答えでした。
「まだ、わからんのかい!今が辞める最後の機会なんやぞ!」と、父。
話を聞くと、父はこの年定年で、定年になる前だと、下請け会社に私の就職を斡旋できるとのこと。

話は平行線でした。
翌朝、父の勤務先であった新大阪まで、二人一緒に。
無言のままでした。

そして、新大阪の構内で、お別れを、
私は、何故だか父が去って行く後ろ姿を見届けていました。
父の背中は、泣いているようでした。

これが父との最後の別れになる・・・なんて想像もしてなかったです。
今でも、父が消えていった柱を見ると、その時のことが蘇ります。
PR


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
[10/11 バーバリー 公式]
最新TB
プロフィール
HN:
萩原芳樹
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
忍者アナライズ
忍者アナライズ
カウンター